逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎を克服して行きましょう!!

大好き通販 > 逆流性食道炎

逆流性食道炎 症状

逆流性食道炎の原因は胃酸ですよね。これにより炎症を起こして様々な症状が出てくる病気です。

症状ですが、さまざな症状が見られます。中には症状がないような人もいるのですが、代表的な症状は以下のようなものです。

胸焼け:胸のあたりに焼けるような不快感が生じます。酸っぱい液が口まで上がることもあります(呑酸)

胸の痛み:狭心症に似た胸が締め付けられるような痛みがでる場合があります。

喉の違和感、声枯れ:のどに炎症を起こすことにより、違和感や痛みを感じることがあります。ひどい場合には食べ物が飲み込めなくなることも(>_<)

このような症状を治療しないで放置しておくと、この病気は最悪の場合がんになる可能性もあります。上記のような症状がある場合はすぐに治療を始めることが重要です。

逆流性食道炎の原因は食事や年齢によるもの、猫背の人、肥満等があります。

逆流性食道炎 食事

逆流性食道炎の治療には食事の改善があります。食べ過ぎによる下部食道括約筋が緩んだり、タンパク質(肉類)の多い食事が中心になると、消化に時間がかかり、胃に長く胃酸がある状態が続きます。その他にも、炭水化物(パン、いも)、甘いもの(ケーキ、チョコレート)、香辛料(唐辛子、胡椒)、アルコール等の摂りすぎも原因になります。またタバコも原因の一つです。

このようなものを控えるとともに野菜を中心にした胃に優しい食事をすることが治療のポイントになります。

だからといって栄養が偏るとそれはそれで大変なことになりますので、暴飲暴食を避け、バランスの良い食事をすることが一番大切になります

そうは言ってもなかなか今までの食事内容を変えるのは大変なことです。なんせ何年、何十年も今の食生活をしているのですからね(^_^;)そのような場合は何かの助けがあればできたりもします。

これなんかおすすめですよ⇒ 逆流性食道炎・慢性胃炎・お腹の痛みを改善する!「胃ークリーンプログラム」公式サイト

逆流性食道炎 トップへ戻る